思春期の年代のお子様もうつ病に罹ることもあります

急増する若年者のうつ

診察 うつ病チェックをなるべく早く行うことで、早期の完治が見込めます。高校生のメンタルは強いようで脆さもありますし、親御さんや周囲の気付きが大切になります。カウンセリングと投薬で、心身がリフレッシュ出来ます。

詳しく見る

種類と特徴と初診のルール

悩む女子 抑うつ気分をはじめ、うつ病チェックでは主に9種類の症状がチェック対象ですが、高校生の場合は抑うつ気分がイライラ感に置き換わることがあるのも特徴です。初診の予約方法は精神科ごとで違うため、個々のルールに沿って予約しましょう。

詳しく見る

病気の自覚が少ない傾向

悩む女子 うつ病は一般的な精神疾患なので、思春期の年代の高校生も罹る可能性があります。複数の症状が当てはまる場合は、精神科や心療内科を受診させて、うつ病チェックを受けさせることが大事です。チェックシートで問診を行います。

詳しく見る

専門医にかかる

男女 うつ病チェックはインターネットでもできますが、できれば専門医にかかりましょう。高校生でも最近はうつ病になる人が増えてきています。早い段階で発見し治療をしないと良くなるものも良くなりません。早期治療がおすすめです。

詳しく見る

症状を把握する

悩む女子 高校生でもうつ病になることはあります。そこでその気配があるのなら、うつ病チェックをしてみるといいかもしれません。心療内科や精神科を受診することで相談に乗ってくれます。また、ネット上のうつ病に関するサイトも参考になります。

詳しく見る

家庭不和やいじめも要因

悩む女子

心身の不調がある時は精神科を受診させよう

うつ病は高校生から高齢者まで、誰でも罹る可能性がある精神疾患のひとつです。思春期の年代の高校生は、友人関係や教師との人間関係で悩んでいたり、転校を経験して友人がいない人もあります。男女共に体が成長する時期なので、外見の悩みを持っている人が少なくありません。うつ病に罹ると、興味や関心が乏しくなったり、外出をしたり、人に会うのを避けるようになります。お子様の変化に気付いたら、親御さんはなるべく話を聞いてあげることが大事です。症状が悪化すると、部屋に閉じこもりがちになり、不登校に発展することもあります。精神科の病院やクリニックでは、うつ病チェックを受けることが出来ます。ふさぎこんでしまい、気分が優れなかったり、動悸や息切れ、めまいなどの体の不調が見られる場合は、うつ病に罹っている可能性があります。精神科の病院やクリニックに行く時は、必ず親御さんが付き添ってあげて下さい。親御さんから話を聞くことで、本人が気づいていない症状を、医師に伝えることが出来ます。うつ病チェックを受けることで、病気が診断されることが多いです。十分な休息や睡眠などが必要です。

高校生ぐらいの年齢になると、交友関係が増えるので、恋愛や友人関係の悩みを持っている人も多いです。男女共に、初潮や精通なども経験して、体型が大きく変化する時期です。特に女性の場合は、生理周期のサイクルがあるので、ホルモンバランスが乱れやすい傾向があります。高校生もいじめや家庭不和などがある場合は、大きなストレスが掛かってしまい、うつ病を発症することもあります。成績が低下したり、不眠や食欲不振などが見られる時も、うつ病チェックを受けて下さい。精神科のクリニックや病院では、問診やカウンセリングに時間を掛けてくれます。うつ病チェックをしたり、何度か通院をすることで、病気が診断されることが多いです。両親が共働きをしているご家庭の場合は、お子様が親に遠慮をして、話をしないこともあります。明るく活発な性格のお子様に、変化が見られる時は、時間を掛けて話を聞いてあげることが大事です。学校でいじめなどを受けている場合は、一時的に休学をさせたほうが良いケースもあります。

Copyright© 2019 思春期の年代のお子様もうつ病に罹ることもあります All Rights Reserved.