思春期の年代のお子様もうつ病に罹ることもあります

急増する若年者のうつ

診察

長期的な視野で完治

私たちの住んでいる日本は、一見すると何の不自由もない素晴らしい国のように感じます。しかし、利便性と生き辛さは表裏一体の危険性を含んでいると言えます。その証拠が、精神疾患の患者の増加ではないでしょうか。ストレスによって心を病むケースは多いですし、仕事に行くことが出来ずに長期の療養を余儀なくされることがあります。更に言うのであれば、精神疾患が疑われるのは大人だけではありません。近年は高校生の患者も増えていて、それが原因で不登校や退学を選択せざるを得ない場合もあります。うつ病は誰にでもなる可能性がありますし、早めのメンタルクリニック受診が効果的だと言われています。うつ病チェックに当てはまる項目が多くなると、専門的な治療を始めることになります。うつ病の治療は入院で行うイメージがありますが、高校生のケースでは通院で行われることが大半です。プライバシーに配慮しつつ治療を行うので、周囲の視線を気にせずに治療に専念することが出来ます。うつ病チェックも簡単に出来ますし、まずは自らを知ることが大切です。

うつ病チェックを行った後には、主なストレスの原因を探ることになります。高校生の場合、受験や人間関係が大部分を占めています。専任のカウンセラーのカウンセリングと投薬治療を行うことで、八割以上の患者に改善が見られます。最近の坑うつ剤は副作用も少ないですし、軽めの睡眠導入剤を併用することで、学校生活への不安も少なくなると言われています。また、同じような症状の方とのグループワークも効果的だと言われています。悩みを持つのが自分一人ではないと分かると、心の重荷から解放されることがあります。うつ病チェックを行うことで、自分を客観的に見ることが出来ます。メンタルクリニックは保険も適用されますし、経済的な負担は少ないと言えます。高校生は受験が近付くと精神的に不安定になり、衝動的な行動に走ってしまうことがあります。両親や家族が目を配ることが重要ですが、おかしいと感じればすぐに専門機関を訪れるべきです。うつは長期的な治療が必要になりますが、完治が見込める病気です。

Copyright© 2019 思春期の年代のお子様もうつ病に罹ることもあります All Rights Reserved.