思春期の年代のお子様もうつ病に罹ることもあります

病気の自覚が少ない傾向

悩む女子

早めに医療機関を受診させることが大事です

うつ病は増加傾向にある、精神疾患のひとつなので、思春期の年代の高校生も罹る可能性があります。高校生になると、男女共に体が大きく変化するため、ホルモンバランスが崩れやすい傾向があります。小学生や中学生の時に比べると、交友関係も複雑になり、人間関係のストレスを感じやすいです。大学に進学を予定している人は、受験に関する不安を感じている人もあります。うつ病に罹ると、頭痛や首や肩のこり、動悸や息切れなどの体の不調が見られるようになります。不眠の症状が出ていると、朝がなかなか起きられないなどの変化が見られます。元気で活発な性格のお子様が、元気が無くなったり、人と会うのを避けたりするようになります。気になる症状が見られる場合は、精神科や心療内科を受診して、うつ病チェックを受けさせることが大事です。精神科や心療内科では、うつ病チェックをするために、専用のチェックシートなどを用意しています。問診やカウンセリングなどを丁寧に行います。本人が気付いていない症状は、親御さんから聞くことで判断をします。

共働きのご家庭の場合は、友人関係や学業、恋愛などの悩みを持っていても、親に遠慮をしてしまうお子様が多いです。一人で悩みを抱えていると、過度なストレスを受けてしまい、うつ病を発症することもあります。朝が起きられなくなったり、人と会うのを避けるために、不登校になることもあります。高校生が学校に行きたがらない時は、精神科や心療内科を受診させて、うつ病チェックを受けさせることが大事です。精神科や心療内科の医師は、チェックシートで問診をしたり、心理テストなども行います。うつ病チェックを受けて、複数の症状が当てはまると総合的に判断して、うつ病が診断されることが多いです。高校生の場合は、大人に比べると不安や悩みを話すのが苦手な人が多いです。日頃から親御さんが、お子様の体の状態や変化などを見逃さないことが大事です。高校生の場合は、本人がうつ病だと自覚をしていないことも多いです。精神科や心療内科では、お子様の体に負担の少ない内服薬を処方したり、カウンセリングや行動療法などを行います。

Copyright© 2019 思春期の年代のお子様もうつ病に罹ることもあります All Rights Reserved.