思春期の年代のお子様もうつ病に罹ることもあります

専門医にかかる

男女

早期治療がおすすめ

うつ病チェックをしてみましょう。自分は大丈夫だと信じ込んでいる人ほど、当てはまるチェック項目が多くなることもあります。特に真面目な人ほどうつ病を発症しやすいと言われているので、勤勉な人は気をつけた方がいいかもしれません。大人なら自身である程度はうつ病チェックができますが、若い人では難しいものがあるでしょう。最近は高校生でもうつ病を発症することがあります。しかし、高校生くらいでは日々の生活に追われ、なかなか自分では病気だと気づくことができません。親御さんや周りの身近な人が気づいてあげられるようにすることがポイントです。インターネット上のうつ病チェックなどをやってみて当てはまる項目が多ければ、念のため、専門医に診てもらうことをおすすめします。心療内科や精神科でカウンセリングを受けるのです。もちろん親御さんが付き添うこともできるので高校生のお子さんと一緒に訪れてみましょう。そこでうつ病と診断されたらすぐにでも治療を開始することが大事です。早期発見なら早期に治療ができます。

インターネット上のうつ病チェック診断などをやってみて、うつ病かもしれないということになったら、すぐに心療内科や精神科を受診しましょう。また、うつ病チェックを受けなくても様々な情報から自身がうつ病かもしれないと感じる人は多いものです。どんな症状が出たらそうなのか、これもまたインターネットである程度のことは調べられます。大人ならまだしも高校生くらいの年代だと周りに相談できず、一人で悩みを抱え込んでしまうことがあります。高校生というと多感な年頃で子どもと大人の間です。よって、いろいろとストレスが溜まることもあります。学校に行きたくなくなったり、勉強に集中できなかったりするようなら、何らかの精神的な病気ということも考えられるので気をつけましょう。できれば一番身近に居る親御さんが気づいてあげられることが大事です。もちろん本人がいろいろな症状を口に出したら、すぐにでも親御さんは専門医のところに連れて行きましょう。特に困るのは自殺願望です。場合によっては入院治療になることもあります。

Copyright© 2019 思春期の年代のお子様もうつ病に罹ることもあります All Rights Reserved.